image

牛肉食材について 大自然と水と人情が育てた山形牛

山形牛のうまさは、夏は暑く冬は雪も多く寒い。また、昼夜の寒暖の差も大きい。
このような自然条件の中だと牛の育ち方が違うといいます。
「寒暖の差がある山形県は、じっくりゆっくり牛が増体していくため、肉質がきめ細やかでサシ(脂肪交雑)も非常に良い状態に仕上がります」と生産者は語ります。
また月山をはじめ緑豊かな自然の山々から湧き出る良質な水が良い肉牛になる条件でもあります。最高な環境で育った最高の牛肉を地元食材と共に満喫していただけます。
ぜひご賞味ください!

▲トップに戻る

お米食材について お米はここまで美味しくなれる

「つや姫」の一番の特徴は、なんと言ってもその「美味しさ」です。
食味ランキング(お米の美味しさの評価)を行っている(財)日本穀物検定協会の食味官能 試験(実際に食べてみて、食味を判断する)において、外観については「艶がある」、「粒が揃っている」など、味については「甘みがある」、「うまみがあ る」などの評価が得られ、コシヒカリを上回る結果となりました。
LUNAではコシヒカリを超える「つや姫」の美味しさを最大限に引き出せる食材を使用し、その食材と「つや姫」の美味しさを2度楽しんでいただけます。
山形の最高のおもてなし食材をぜひご堪能ください。

▲トップに戻る

魚介食材について 日本海の荒波が育てた最高の食材

庄内浜には約 200種類を超えるの魚介類が水揚げされ、様々な旬の美味しさを楽しめます。
日本海の荒波で育った魚達は身が引き締まり、刺身で食べると最高の一品になります。
刺身以外にも焼き魚、煮魚などなど様々な調理法にもピッタリの魚介類たちを味わっていただけます。
ぜひ日本海の幸を召し上がってください。

魚介食材カレンダー

▲トップに戻る

野菜食材について 厳しい自然の美味しい恵み。

出羽三山をはじめとする山々や庄内平野、夏の暑さと冬の寒さの寒暖差が大きい、多彩な環境が集う希少な地域でくっきりとした四季の中で育つ庄内の野菜。
肥沃でミネラル豊富な水と土壌。作物に適した風など、恵まれた風土古来からの山菜や孟宗、夏のだだ茶豆。秋の新米や赤ねぎ、冬の浅葱や赤かぶまで「庄内野菜」はその旬ごとに自然な風味と美味しさをお楽しみいただけます。

野菜食材カレンダー

▲トップに戻る